MIZUNO

TABLE TENNIS

丹羽孝希、梁靖崑との熱戦に敗れてベスト8

●男子シングルス準々決勝
梁靖崑(中国) 10、−12、8、4、−9、−7、5  丹羽孝希(日本)
馬龍(中国) 8、9、8、4 林高遠(中国)


DSC_7446.jpg

男子シングルス準々決勝、丹羽孝希は梁靖崑(中国)に3−4で敗れ、ベスト8!


 世界ランキング1位の樊振東を破って上がってきた梁靖崑に対して、丹羽は出足からロングサービスを混ぜながらカウンターで狙っていく作戦。しかし、そのカウンターの精度で梁靖崑のほうが上回り、1ゲーム目を10−12で丹羽が落とす。
 2ゲーム目、6−10でゲームポイントを取られてから9−10に丹羽が追い上げたところで、中国側は早めのタイムアウト。次を丹羽がロングサービスで得点。11−10から3球目のフォアドライブを決め、丹羽が6本連取でゲームを奪い返した。会場全体が「KOKI!KOKI!」と丹羽に声援を送る。


 しかし、3ゲーム目はいきなり6−1で梁靖崑がリード。リードした時の中国選手は強い。結局、5−10からバックのカットブロックやカウンタードライブなどで8−10まで追い上げたが、8−11で落とした。4ゲーム目も、いきなり0−7、4−11で落とし、後がない丹羽。


 5ゲーム目も丹羽は、リスキーな攻撃でしか得点を取れない状況だった。ジリジリと差が広がり3−5、3−7。しかし、7−8まで追い上げると、台上バックドライブで8−8と追いつく。9−8からのラリーでは、ラリー中に右手に持ち替えてブロックし、左手に戻してパワードライブ。見事に得点して10−8とし、11−9で奪い返した。6ゲーム目は7−3から7−7と追いつかれるが、10−7で梁靖崑のドライブがオーバーミスして11−7でゲームを連取。勝負は最終ゲームへ。


 7ゲーム目、出足で0−5とリードされ、チェンジエンド。さらに2−7、3−8からネットインを入れられ3−9。最後は5−10で梁靖崑のバックハンドがエッジボールで入り、勝負あり。丹羽、勝利を目前にしながら、40年ぶりの男子シングルスでのメダル獲得はならなかった。以下は試合後の丹羽のコメント。


「会場全体がぼくの味方になってくれたので、この中で1本でも長くプレーしたかったから、粘り強くプレーできた。3−3になった時にはぼくに流れが来ていたけど、そこでメダルを意識してしまった。日本が40年間メダルを獲っていなかった、そのプレッシャーがかかってきた。ただ、中国選手とこういう接戦をしていけば必ずチャンスは来ると思う。今回、1−3から3−3にしたことは次につながります」(丹羽)


DSC_0912.jpg
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ