MIZUNO

TABLE TENNIS

男子ダブルスは馬龍/王楚欽がタイトル獲得

DSC_9515.jpg

●男子ダブルス決勝
馬龍/王楚欽(中国) 3、−8、7、3、4 イオネスク/ロブレス(ルーマニア/スペイン)


男子シングルス優勝は馬龍/王楚欽。若手の王楚欽が強力なチキータとスピードあふれるフォアフリックを連発し、馬龍が正確な台上処理と堅いブロックでアシスト。技術の幅が広く、自分から攻めても、相手に攻めさせても得点できる戦術の幅は、同じ左右のペアリングである日本の張本智和/木造勇人などにも大いに参考になる点だ。「相手ペアはとても強かったし、許シンと組んだ中国オープンで負けていたのでしっかり準備はしていた。王楚欽とのコンビネーションは試合をするごとに良くなっていったし、ファンがたくさん応援してくれて雰囲気も良かった」と馬龍は試合後に語った。上写真は馬龍/王楚欽。

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ