MIZUNO

TABLE TENNIS

早田ひな/伊藤美誠、中国ペアを追いつめるも銀メダル

DSC_3378.jpg

●女子ダブルス決勝
孫穎莎/王曼昱(中国) ー8、ー3、8、3、10、8 早田ひな/伊藤美誠


女子ダブルス決勝、早田/伊藤は中国ペアから2ゲームを先取しながら、惜しくも銀メダル。
出足、孫穎莎/王曼昱の若手ペアは見るからに緊張しており、特に長身の王曼昱にミスが多かった。早田/伊藤は伊藤がレシーブから表ソフトでフリック強打を決めたり、ナックル性の流すようなボールでミスを誘いながら、早田が時折目の覚めるようなパワードライブを放つ。2ゲームを先取した時点で、会場も完全に「中国敗れる」という空気に支配されていた。


しかし、3ゲーム目は一転して中国ペアが5ー0とリード。小柄な孫穎莎が一転して強気なプレーを見せ、フォアストレートへ切れ味鋭いフォアドライブを連発。あっという間に2ゲームを取り返し、2ー2のタイとする。


そして5ゲーム目、早田/伊藤が9ー7のリードから9ー9に追いつかれたところで、早田のナックルサービスが「レット」の判定。孫穎莎がチキータでのレシーブをミスしており、このサービスがレットでなければ、早田/伊藤が10ー9でゲームポイントを握っていたが、判定は変わらず。逆に中国ペアが2連続得点で11ー9。6ゲーム目もこの嫌な流れを引きずってしまい、序盤で離された早田/伊藤。8ー11で敗れ、中国ペアが優勝を決めた。日本選手団は「銀2・銅1」の3枚のメダルを獲得し、ブダペスト大会の戦いを終えた。


DSC_4024.jpg
  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ