MIZUNO

TABLE TENNIS

石川佳純、前田とゲームオールの激戦制す

● 女子シングルス準決勝
石川佳純(全農) 9、-8、-7、-11、3、6、9  前田美優(希望が丘高)

 女子シングルス準決勝は素晴らしい熱戦。最終ゲーム11ー9で石川が勝利し、決勝進出!

 昨日の準々決勝後、「バック対バックが大事」と石川戦の展望を語っていた前田。その言葉どおり、バック対バックでは、石川の回転量の多いボールに対し、バック表ソフトで上から上から攻め、主導権を握る。石川はサービスのコースをフォア前を多くするなど、打開を試みるが、返って本来のリズムを失っている感があった。

 試合の流れが変わったのは第5ゲーム。石川はここから徹底してバック深くへのロングサービスで勝負。前田が持ち上げたボールを、今度は石川が上から攻めていく。試合のペースをつかんだ石川がゲームカウント3ー3に追いつく。

 最終ゲームは前田が5ー4とリードしてチェンジコート。しかし、8ー8、9ー9とまったくスコアが離れない。観客が固唾を呑んで見守る中、最後は石川10ー9のマッチポイントでまたもロングサービスから石川が得点し、思わず涙。苦しい苦しい戦いを制して、石川が決勝進出を決めた!

「石川さんはとても強い選手なので、1本でも多く返そうと思ってやりました。自分でもビックリしてます。石川さんのバックはすごく回転がかかっているので、バック対バックで回転に負けないよう、上から上から攻めることを意識していました。3ー1でリードできたのは、バック対バックで得点できたからだと思います。石川さんが中盤からロングサービスを出してきたのは、私はバックが表ソフトなので、そこを狙われていると思った。サービスのコースがわかりにくいし、回転もわかりにくいので、なかなかフォアで回り込めなかった。以前は強い選手とやるとすぐ弱気になっていたけど、最近は強い選手とやっても強気でやれるようになった。リードされてもあきらめずに戦術を考えていけるようになったのが、成長した部分だと思います」(前田)

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ