ヨーロッパ遠征No5 MTC飯塚

2014.07.09MTC情報 印刷

GYULAI ISTVAN MEMORIAL
終わりました。
200m 21秒21で5着でした。
個人的には今までで一番収穫のあるレースでした。
楽に速くをテーマにやってる今シーズンですが、前半の80mまではうまくできたと思います。
本来後半の120mは力感を変えずにピッチでコントロールするところですがそこで力を入れてしまったのが今回の課題でした。





今年はレベルの高い海外レースに出始めました。




もっと強い選手がたくさんいてさらにラウンド制の世界選手権やオリンピックとダイヤモンドリーグやワールドチャレンジなど一発決勝の多い競技会との雰囲気の違い、自分の気持ちの受け方に違いがあります。



前者は各国の勝ち残った選手が代表になり出場しますが、
後者は大会側から招待という形です。
各競技会にはミートディレクターがいて自分の競技会を盛り上げてくれそうな選手をピックアップする仕組みになってます。
強い選手は声を掛けてもらって出場することができますがそうではない選手は自分から僕は○○の実績があり、試合を盛り上げます!などアピールをしてミートディレクターに売り込みます。
しかし試合の申し込みや売り込みの権利はみんなにあるのではなく資格を持った人達で、その中でも力のある人がいたりと様々です。
そうした過程を経て競技会側からの許可が出たところで始めて走ることができます!






そしてその試合で結果を出すことで次の試合に出る可能性が増えたりします。



勝った、負けた、嬉しい、悔しいなど自己満足要素以外のモチベーションが海外のレースにはあります。
そこが僕が1番好きなところです。








まだ僕は実力で大きい試合に出場することは出来ませんが自分に招待が来て走れるようになるまで頑張りたいと思います。







あと2戦あるので宜しくお願いします。



飯塚選手プロフィール

前へ   次へ



→ミズノトラッククラブはこちら

→ミズノ陸上トップページへ

関連記事

ページトップへ